ストレスで抜け毛が増えた体験談|ストレスを受けすぎると薄毛になる?

【33歳男性】
33歳なのでAGAが始まってもおかしくないですが、自分の場合は以前よりも抜け毛が減っている状況から、ストレスが原因だったと考えています。

現在、サラリーマンで勤務している会社では経理や総務といった事務を担当しています。

パソコンはそれなりに操作できますし、簿記の資格を持っていて事務の仕事は自分に合っているので、今後も続けていきたいと考えていました。

しかし、転勤がある会社に勤務しているため、人事異動となった際は事務の仕事を続けられるとは限りません。

すると、残念ながら転勤先では事務ではなく、営業として働くことになりましたが、控えめで口下手という性格から、営業の仕事は全く向いていないと思っていました。

予想していた通り営業成績は悪く上司から厳しい言葉をもらう機会は増え出社するのが辛いと感じられるようになった頃から徐々に抜け毛が増えていました。

最初は頭皮の乾燥や寝不足などが原因だと思っていたので、抜け毛が増えても気にしていなかったです。

ところが、シャンプーをする場合だけではなく、ドライヤーを使った時だったり寝起きの枕だったりなど様々な場面で抜け毛が見られるようになっていました。

その結果、全体的に髪の毛は少なくなり、特に頭頂部は自分でもはっきりとわかるくらい薄くなりました。

合っていない営業の仕事を担当し、抜け毛が増え続けていた頃、事務部門に欠員が発生し、戻ることが決まりました。

事務の仕事は以前まで経験していたので、わからないことは少ないです。

また、得意という意識があったため、辛かった営業の仕事をしている時よりも前向きに取り組めるようになりました。

そんなある日、気付いたのは以前まで増え続けていた抜け毛が減っていたことです。

ここでようやく抜け毛や薄毛の原因は、仕事によるストレスだったとわかりました。

特に薄いと感じていた頭頂部もかなり復活し、問題ない状態に戻っています。

ストレスは抜け毛や薄毛の原因になるので、できるだけ事務の仕事を長く続けたいです。ただ、人事異動でまた苦手な営業になる可能性はあるため、その際は転職も検討しています。
【25歳男性】
私は当時、21歳の男子大学生でした。

大学生の頃は生活リズムが安定しないことが多く、夜遅くまで起きていたり、寝ずに講義に出席するといった日々を送っていました。

そんな毎日がたたったせいか、ある日私は頭部に違和感を感じました。

そしてその部分を触ってみると、なんと髪がすっぽりと無くなっており頭皮が晒されていました。

その後、鏡を見て確信しました。なんと私は20代でありながら10円ハゲになっていました。

薄毛やハゲに悩むのはもっと先の事だと思っていた私は驚き、そして悲しくなりました。

こんな髪を大学の知り合い達には見せられない。しかし、講義に出なくては単位を取ることができません。

私は悩んだ末、他の部分の髪を意図的に伸ばしてハゲの部分を隠し、更に帽子をかぶって大学へ通うことにしました。

私の10円ハゲは初めはハゲている部分がそこまで大きくなかったです。

しかし、日に日に症状は悪化していき、次第に帽子なしでは隠せないほどになってしまいました。

サイズ的には500円玉くらいのサイズでした。私はこのまま10円ハゲが大きくなりすぎて、手遅れになってしまうのではないかと不安になりました。そこで休みの日に皮膚科へ行くことにしました。

病院では、円形脱毛症と診断されました。この病気は若い人にとっても珍しいモノではなく1000人に1,2人くらいはかかる病気であると説明されました。

そこで私は、円形脱毛症の原因は、遺伝やアレルギー、免疫異常やストレスなど様々な理由があげられると知りました。

診察後私は病院から薬を渡されました。私は頭皮を清潔に保ち患部にそのお薬を使用していました。

また、病院内で生活リズムが一定でないせいでそれがストレスとなって症状が現れた可能性があるといわれたため、健康的な生活リズムを心がけていました。

具体的には、夜は10時には寝て、睡眠時間は最低6時間以上取るようにしていました。 食事に関しても、栄養をできるだけとれるように3食きっちりとご飯を食べるようにしました。

治療を開始してから1,2カ月間は育毛の成果が全くないと感じていました。症状が進行することはありませんでしたが、髪が生えることもありませんでした。

しかし、5,6カ月ほどの時間が経って私はふとハゲていた部分を触ってみました。すると、そこにはなんと髪が生えていました。

他の部分程の長さはありませんが、しっかりとした毛根が根付いていました。

私はそのころには10円ハゲの事を半分忘れていました。貰ったお薬もすべて使い切ってしまっており、放置しているような状態でした。

しかし、乱れてしまっていた生活リズムはしっかりと正されていました。

以前の私のように若くして円形脱毛症にかかってしまう人は沢山いると思います。この病気は基本的には、半年もすれば自然治癒すると言われています。

早く直さなければいけない、恥ずかしい事だ、と考えてしまう方も多いかと思います。しかし、それがストレスとなってしまい、より治療が長引きやすいです。必ず治ると信じて、焦らずに治療を続けることが解決への近道です。

赤ら顔を治す効果的な方法6選

育毛サプリのプロタガは効果なし?それとも生える?評判と口コミまとめ